陥没乳首とは?症状と原因について

陥没乳首陥没乳頭 とは、右の写真のように、乳頭がへこんでしまっている状態を言います。刺激することにより出てくる軽度の状態(仮性)もあれば、常に埋没してしまっている重度な(真性)状態もあります。

 

刺激を与えると乳頭が突出する・・・・・仮性(軽度)

刺激を与えても乳頭が突出しない・・・・真性 (重度)

 

とくに、若い女性に多く見られ、症状が軽度の人も含めると、成人女性の1割以上が、片側または両側に発生しているとの報告があります。 10人に1人の割合です。

同じ悩みを持つ人がかなり多いことがわかりますね。特に女性に多いといわれているのですが、男性も例外ではありません。男女共にいらっしゃいます。

 

美容整形などで乳頭を内側に引き込んでいる筋肉を切断するなどして外科的治療をする事も可能です。手術となると多額な費用がかかりますが、近頃は保険が適応される場合もありますので、問い合わせてみると良いでしょう。

 

手術はちょっと気が進まないなという方におすすめな商品が、陥没乳首の治療器具です。 自分のペースで、治療をしたいという方にとてもお勧めです。 キャップのようなものを乳首に装着し、注射器のようなもので空気を抜き、キャップの中を真空状態にすると、乳頭が突出する仕組みです。

 

日常生活で出来るだけ長く、毎日装着を続けているうちに、徐々に症状が緩和していくというものです。時間はかかりますが、手術より低価格で、安全です。

陥没乳首の原因

原因は様々です。主な原因としては、

乳頭を支える繊維組織(乳管)が未発達な場合
癌や乳腺炎・乳房の手術などによって症状が現れる場合

が、あります。特にに先天的な場合が多いといわれています。