乳腺炎とは

乳腺炎陥没乳首 妊娠乳腺炎とは、乳腺が炎症を起こす病気です。

乳房が赤くはれ、強い痛みを伴います。

 

細かく分類すると、

 

『 急性 うっ滞性 乳腺炎』母乳が溜まっておこる
『急性 化膿性 乳腺炎』 細菌感染による炎症
『慢性 乳腺炎』陥没乳頭が原因の場合が多い

 

主に上記3種類に分類されます。 乳首が陥没している方は、乳腺炎にかかりやすいため、 特に注意が必要です。

 

母乳が乳腺内に溜まることによって起きる 『うっ滞性乳腺炎』 と、授乳中の乳腺に細菌感染(主にブドウ球菌が起きて生じる)『急性乳腺炎』、 この2種類の乳腺炎は授乳に関係しておこる乳腺炎です。

 

授乳に関係なく、陥没乳頭(かんぼつにゅうとう) に原因するのが、『慢性乳腺炎』 です。 乳頭の下の部分に、炎症が繰り返し起こります。

 

授乳中でなくても発症するので普段から乳頭を清潔に保つよう、注意が必要です。

急性 うっ滞性 乳腺炎(きゅうせい うったいせい にゅうせんえん)~授乳に関係する

授乳期に乳腺内に乳汁がたまって起こります。適切な処置をしないと下記の化膿性(かのうせい)乳腺炎に移行するおそれがあります。

 

授乳期の乳汁分泌量が乳児の吸飲量より多いと、急性うっ滞性乳腺炎にかかりやすいと考えられます。

 

乳児が十分に乳汁を吸飲しない事や、「陥没乳首」で乳首の発達が悪く、授乳の障害になるなどの原因で起こります。

 

症 状・・・・乳房が赤く腫れ、しこり、痛み。微熱を伴う場合もあります。
治療法・・・搾乳によって、たまった乳汁を出し、冷やすなどして治療します。

急性 化膿性 乳腺炎 (きゅうせい かのうしょう にゅうせんえん)~授乳に関係する

細菌感染による、乳腺の炎症です。上記の『急性うっ滞性乳性炎』がきっかけとなり、発症する場合と、乳頭の傷などから化膿菌が侵入して感染をおこす場合があります。

 

症 状・・・乳房が赤く腫れる。激しい痛み、リンパ節の痛みと腫れ、悪寒とふるえを伴う高い発熱、症状が悪化すると膿が溜まって膿瘍ができることもあります。
治療法・・・抗生物質の投与、切開して膿を出します。

慢性 乳腺炎 (まんせい にゅうせんえん) 陥没乳首が原因で発症する

授乳・ホルモン分泌とは関係なく、陥没乳首に原因する場合が多いです。若い女性によくみられ、乳輪の下に痛みのある、硬いしこりが出来ては腫れて、膿[うみ]が出ることを何回もくり返し、慢性化します。

 

根本的に治すには、膿のたまった袋を完全に切除して、同時に中にひっ込んでいる乳首が外に出るように治療ををしなければなりません。

 

乳腺炎 を事前に予防するには

『母乳をためない』 予防方法としては、乳腺炎の原因である乳汁をためないように積極的に授乳をしましょう。

 

乳児が飲む以上に母乳が沢山出る場合は、搾乳機で搾るなどして、母乳を溜めないようにしましょう。

『いつも乳頭を清潔に』 乳頭を清潔にして、細菌の感染を予防することが大切です。陥没乳首の場合、特に乳頭を清潔に保つことが困難ですので、陥没乳頭の治療は早期にしておくにこしたことありません。

『和食中心のヘルシー生活』 食事にも注意が必要です。脂っこい物や甘いものばかりを食べ過ぎると、血液がドロドロになり、乳腺が詰まりやすくなります。

 

出来れば和食中心のヘルシーな食事にしましょう。

 

陥没乳首を治療し、慢性乳腺炎を予防しましょう

陥没乳首治療器具母乳育児を希望するにあたって、吸いやすいおっぱいの形に準備 しておくこと、これはとても重要なことです。陥没乳首の場合、 赤ちゃんが上手く母乳を吸えない場合があります。

 

陥没乳首子供を産む予定がある方は、早い段階から、陥没乳頭を 吸引する陥没乳首治療器具で乳頭のケアを始めましょう。

 

慢性乳腺炎の予防対策とともに、母乳での育児を視野に入れた、早い段階での取り組みが大切だと思います。

 

陥没乳頭治療器具の詳細はこちら